] 予実管理/予算管理システム〜Adaptive Planning
予算編成最適化宣言。予算編成、収益予測、帳票作成を効率的に一元管理。クラウドソリューション「アダプティブ・プランニング」
予実管理の悩み解決。Excel管理、売り切り型システムによくある経営者&作業者の課題をAdaptive Planningが解決
Adaptive Planningの予算編成、予実管理、帳票作成を効率化するクラウドシステムの30日間無料トライアル。
最適なQCDを実現。経営判断に重要な情報がより正確に、より簡単にリアルタイムでわかるソリューション
無料セミナー 導入事例を参考にしながら、解消できる問題、経営に活きるデータ抽出、グローバル化などテーマを設け開催
BACK NEXT
予算編成最適化宣言。予算編成、収益予測、帳票作成を効率的に一元管理。蔵独活ソリューション「アダプティブ・プランニング」
  • 予実管理を行う経営者さまへのメリット
  • 予算編成/集計作業に悩む担当者さまへのメリット
img01_01
予算編成関連の資料作成を頼んでも精度が低く、時間もかかる・・・
案件別やお客様別、といった様々な切り口から収支分析をしたいがそれらを取りまとめる手間を考えるとどうしても尻込みをしてしまう…また、それらの集計を毎月行おうとすると経営会議に間に合わないため…
予算編成を含んだ経営資料作成の精度向上、期間短縮には…
 
img02_01
予算管理の際、複数のExcel(エクセル)ファイルを収集し、合算する作業がとにかく大変・・・
各部署から届くエクセルファイルにリンクを貼って数字を集約しているが、ファイル名が変わったり数式を上書きされたりといったミスに気づかず数字を反映させているため思わぬミスが発覚することがよくある…
複数エクセルでの予算集約・合算作業を効率化するには・・・
     
img01_02
組織別のブレイクダウンや、
ビジネスモデル別の採算のグラフ化など分析が非常に煩雑・・・
見込み値を集計した結果、予算からの乖離があることはわかっても差異の内訳を見ることが難しく、結局担当者を呼んで数字の内訳を口頭で報告するか、別表を作成してもらわないと中身が確認できない…
効率良い予算集約と柔軟なアウトプット機能で見通しが利きます
 
img02_02
テンプレートが各部署で異なるので、各部署を横断して利用することが困難・・・
実績データを予算と比較するにはエクセルシート上に実績を転記する必要があり膨大な手作業が発生している…また結果として転記ミス等も多く各階層で検算をする作業も多く発生している…
手作業でエクセル操作に限界・・煩雑な繰返し作業は工数だけでなくストレスに。
     
img01_03
予算管理業務を効率化するためにシステムを導入したいが、莫大なコストがかかってしまう・・・
システム導入を検討しても数千万円を超える費用が発生している…導入した時には想定していなかったアップデートや保守費用が膨らんでいる…
システムコスト、導入までの期間、拡張性、既存システムとの連携・・・といったらクラウド型BIツールAdaptivePlanning
 
img02_03
担当者が代わってしまい
データ管理やファイル更新の方法がわからなくなってしまった・・・
実務担当者から引き継いだエクセルファイルがどのように計算されているのかわからない…。マクロを組んでいたようだが改修ができない…担当者が異動してしまうとその後の作業が運用できない…。
誰でもわかりやすい使い勝手だから定着する、BIツールとして活きる
     

予実管理 とは?〜 Adaptive Planningの特徴

 
予実とは「予算」と「実績」を、予実管理は「予算実績管理」を示し、予算や見通しと実績を比較する管理手法です。 予算と実績を比較するだけでなく、目標達成率などの状況分析や理由を様々な帳票で明確化していくことが、予実管理の役割になります。

現在では、Excel(エクセル)を使用した予実管理を行っている企業が大半を占めます。(大企業:61%、中規模会社:77%) Excel(エクセル)での予実管理は、さまざまなExcel(エクセル)シートの収集・合算作業などオペレーションコストや効率の悪さが問題になりがちです。実際に、予実管理手法の見直しを行っている企業様が多く見受けられます。

入力インターフェースをもったBIツールであるクラウド型サービスAdaptive Planning(アダプティブプランニング)は、そうした業務の効率を劇的に改善しつつ、低コストでの運用が可能です。

 

 

  • 予算管理BIツール:Adaptive Planning 導入実績
  • すべて見る
管理工数を下げデータ分析の時間が倍増!   qac
qac写真  
  • 膨大なリンクが埋め込まれうまく動かないエクセル、管理工数の縮小が課題。
  • 納期の早さと価格における圧倒的なメリットがシステム選定の決め手に
  • 人の作業負担がなくなり、分析・レポート・数値共有がラクに実現!
  • 予実管理システムで留まらせず、管理会計BIツールとして効果を発揮させていきたい! >>詳細へ
PAGETOP