予実管理/予算管理システム~Workday Adaptive Planning|予実管理、効率よく予算編成/集約管理するならクラウド型BIツール

他サービスとの比較について

他のシステムと比較した際、Workday Adaptive Planningを選択するメリットは何ですか?
Workday Adaptive Planningを選択するメリットとしましては、納品スピードと操作性の2つが挙げられます

・納品スピード

他のクラウド形式ではない予算管理サービスは納品期間が半年から1年程かかり、検討している間に来期の予算策定が始まってしまい、ロジックの変更等で頓挫といった経験を聞くことがあります。Workday Adaptive Planningは通常2・3カ月で納品するため現予算管理業務への影響を最小限に抑え、スムーズに移築できます。

・操作性

Excelのような入力形式でわかり易い操作性のため、システムへ移行しても入力者に慣れ親しんでいいただき易く、結果オペレーションの定着が効きたい出来ます。4年連続で米国でこの分野の顧客満足度1位を取得しております。

営業支援ツールとの違いは何ですか?
実績システム(≒会計システム)とのデータ統合がWorkday Adaptive Planningで行えることが一番の違いです。営業支援ツールで予実比較する際には会計データとの整合性をアナログで確認する必要がありますがWorkday Adaptive Planningでは会計データを数クリックでインポートすることができ、予算上の科目との粒度を調整する機能がございますので、簡単に各組織やプロジェクト単位での予実比較が行えます。

お問い合わせ

info@yosankanri.jp
資料席優・お問い合わせ
30日間無料トライアル
セミナー・イベント情報
資料・導入事例DL